COMPANY

ダイカスト

使用素材として、亜鉛、アルミニウム、マグネシウムなどの非鉄金属とその合金で、優れた寸法精度の製品を短時間に大量生産できることから、自動車関連部品に多く使用されてきた。近年金型技術の発達、合金素材の改良により通信機器、建築材料、産業機械など急速な需要の広がりをみせている。
マグネシウムはアルミ二ウムより軽く、プラスチックより強い、電気・熱の伝導性が良い、リサイクルが可能など優れた特性を評価され、自動車部品、オートバイ部品ノートパソコンや携帯電話など、軽さが重要視されかつ強さの求められる分野で多く利用されています。
当社では自動車部品やノートパソコンなどのダイカスト部品の製造にホットチャンバーダイカスト法を用いて鋳造を行います。